樽とひよっこ;2007/ 01の記事一覧

ここでは、樽とひよっこでの 2007年 01月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、とあるいきさつで映画「どろろ」を観にいくことになった。

自分としては全然行きたくなかったわけで、むしろ「幸せの力」とかが観たかったのだが、仕方なく観てみた。

ちなみに18:00以降の映画は全て1000円という「夜割り」のおかげで1000円ぽっきりで観れた

観た感想はというと、、、

ダメだこりゃ

全っ然期待せずに行ったにも関わらず、まったくつまらんかった笑

思ったことといえば、妻夫木かっちょえぇな~くらい。

久しぶりに映画を観てアイタ~と思いました

映画のあとに、柴咲コウと妻夫木が付き合っているっていうのを知ってビックリ!(古い?笑)

カップルで映画とかやるねぇ~

何でもこの映画がヒットしたら結婚するとか言っとったけど、本当なんでしょうか笑

ゲゲゲの鬼太郎の宣伝もしとって、これはなかなか笑えそうやったw

絶対観にいくことはないとおもいますけどね

ちなみに、少し前に「ディパーテッド」を観た!

こっちはおもろかったよ!

うん、何か初めてな感じの映画やった。

撮り方とかが

次は「幸せの力」観たいな~

サクセスストーリーって言うんですか?ああいうのには目がないんです。


よし、じゃぁプログラミング頑張ります!

どろろどろろどろろろろろろろろ~!!!
スポンサーサイト
研究室で就職活動をしていたら、教授から仕事を頼まれた。

タイトルからもわかるようにコピーをしたんやけど、それがハンパない数で、今やっと3分の1が終わったところ。

コピーカードの枚数も少なくなったので残りは月曜日っちゅうことにしたけど、

OLさんは大変なんやな~と思いましたわ。

紙ってめんどくさい。

ぐにゃぐにゃしてから束ねるのが面倒。

何か一時だけシャキッとするようにできる紙とかあったらいいな~と思った。

あとは命令したら半分にきれいに折れる紙とか。

折りたくない時とか便利そう。



忙しいのにうまく時間を使えない。

これもどかしいわ~

今日は帰りに岩盤浴寄ってみよっかな~無料券あるすぃ~

誰か自己PRのうまい作り方教えてくださ~い
鶏の記憶は3秒しかもたないということを聞いたことがある。

確かに鶏を驚かしたら「クワォックワッ」と鳴いて逃げるけど、そのあとまた何事もなかったかのように餌をつつき始める。

そういえば大学時代に部屋でヒヨコを飼ってた時もそんな感じがしたかもしれないし、しないかもしれない。

よく餌食いながらウトウトしたりして、また食べ始めてまたウトウトとかしとったな。

さて、鶏の記憶の話は本当かどうか不明だが、問題は俺の記憶力である。

blogに書くいいネタがふと頭に浮かぶ。

よし、blogを更新するか!って時には忘れている。

アイディア(と呼べるかどうかわからないが)とは本当に消えやすいものだ。

プロジェクトXの中のリーダーが部下達にノートを持ち歩かせていたのを思い出す。

ひらめいたらすぐに書け!ということだ。

確かにそうである。

よし、何でもメモる癖をつけよう。

プログラムに関することは結構忘れないんだが、、、

プログラムを作成していると、時間を忘れてしまう。

そしてこんな時間。

寮までウォーキングをするべきか迷っている。

歩けば確実に3時は過ぎるだろう。

しかし、ここで負けないのが俺である。

歩く前に少量のカフェインを摂取すると、脂肪燃焼率が上がるとのこと。

冷めたコーヒーでも飲んで歩いてみますか・・・

それでは、おやすみなさい。


ブッシュ(米大統領)がまたやってくれました。

アホです。

まずはここの記事を読んでください。
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=int_30&k=2007011700390

何でなんでしょうか?

アメリカ大丈夫か~?

「一種の報復殺人のようだった。」

いやいや、あんたらも一緒のことしましたから。

誰が読んでもそう思うはず。

それにしてもブッシュはまた自分の価値を下げてしまいましたね。

早く世界が平和にな~れ
最近の昼食は前日の夜に食堂から頂いた残り物。

とってもうまい。

最近はおかずが多すぎてお腹いっぱいになることが多い。

さてさて、今日はキムチやら何やらいっぱい持ってきて、納豆もあったのでキムチ納豆を作って食べた。

いやぁ~何でこんなにキムチと納豆って相性がいいんでしょうか。

てかキムチって何にでも合うと思う。マジでうますぎ~♪

ちなみに納豆にキムチを入れないのなら(入れる時もやけど)、からしが欠かせない。


そういえばテレビで納豆が健康にいいって放送されてから、全国で納豆がめちゃくちゃ売れているというニュースを見た。

食堂のおばちゃんも「納豆が売り切れで買えんかったわ」と言っていた。

でもどっかの教授があの放送は大げさすぎると言った。

やはりテレビの力はすさまじい。



三権分立などと言っているが、日本では明らかに第一(トップの)権力がマスコミである。(←「国家の品格」より)



玉川大学が在日朝鮮人(高校生)の受験を拒否したというニュースが舞い込んだ。

なんとも有り得ない差別である。

まだこんなつまらない差別をしてる学校がある。

マスコミはなぜこういう重大な事件を放送せずに、どうでもいいような事件ばかりを放送するのか。

そろそろマスコミ(もちろん政治家も)は心を入れ替えるべきではなかろうか。
もったいない」という単語。

実はこの言葉を外人に説明するのは難しい。

なぜかというと、もったいないというような、「物に敬愛の意を示す」単語が外国(欧米?)には存在しないからである。

少し前にも研究室にいるタイ人にこの言葉の意味を説明するのに苦労した。

もったいない

物を大事にしない人は嫌いである。

でもあまりにもチマチマする人も困りもんだ。

いざという時はドバッと、普段は質素に。

そのくらいがちょうどいいのではないか。


話変わって、

最近友人が付き合った。

やっぱりテンションも上がるのか、いつもより元気いっぱいである。

去年は俺に恋の相談をしてきた友達はみんなダメやったような気が・・・笑

今年は本厄の年らしい。

何が起こるか怖いけど、そんなことは気にしないようにして

彼たちの純粋な愛が長く続くことを祈りながら、今日はこのへんで。。。
こう見えても小学校4年生から高校3年までサッカーをやっていた。

チームは決して強いとは言えなかったが、それでも楽しいサッカーをできた。

チームが一番強かったのは中学校2年の時だったろうか。

中体連に始めて出場し、市予選を見事優勝。

初出場にして初優勝。

県大会は惜しくも初戦敗退だったが、あの時が一番練習したのではないだろうか。



今日、全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われた。

岡山の作陽と岩手の盛岡商業の対決。

何とこの2チームには誰一人としてJリーグへの内定者がいないという。

前半は0-0

後半に作陽が見事な個人技とゴール前での詰めで1点を先制。

その後、盛商はPKを得るも2年生の林君が痛恨のミス。

しかしここからがすごかった。

盛商は攻めに攻めて終わってみれば2-1で逆転勝ち。

そのうち1点は林君のシュート笑

いやぁ、泣けたね。

泣けたと同時にうらやましかった。

負けたチームのロッカールームはどのチームも涙涙。

このシーンを見るたびにうらやましくなる。

みんな一つになっている。

悔しさも嬉しさもみんなで分け合う。

素晴らしいね。

エクセレントでエレガント!

スポーツの素晴らしさはここにある!

個人競技もいいけど、自分の子供には絶対に団体競技をさせたい。


一方で最近変な殺人事件がいっぱい起こっている。

一昔前までは考えもできなかったような殺人事件。

社会が腐っているからだろうか。

受験なんかクソ喰らえ~って思いません?

自分の子供を、勉強することしか教えない学校には絶対に行かせたくない。

あ~今日も寒いな~
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編 カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編
細野 真宏 (2003/01)
小学館
この商品の詳細を見る


経済の勉強を始めようと思った。

何から始めればいいかわからず、研究室の先輩に相談したところ、この本を勧められた。

確かに面白い!

そして何よりわかりやすい。

この本の作者である細野真宏さん。

細野さんは確かにすごいです。

カリスマですね笑

世界経済編を読む前に日本経済編を読むことをお勧めします。

保険編みたいのもあるみたいですが、こちらのほうはまだ読んでないので近々時間を作って読みたいと思ってます。

とにかくこの本はお勧めです。

何よりわかりやすい。

何でも小学生でも理解できるように書いてるらしいです笑

経済に興味のある方は是非読んでみてください^^

「ゼロ金利政策」の狙いとか「銀行」とかについてバリバリわかるようになりますよ~。
国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


明けましておめでとうございます。

ついに始まりました2007年!!

年男です!!!

今年は就職活動を無事に成功させ、修士論文を計画的に作成しなければならない大事な年である。

さてさて、就職したい会社を探し始めなければならないのだが、その前に去年の大ベストセラー、「国家の品格」を読んでみた。

半分納得、半分「は?」って感じの本であった。

ただ、この世の中は、論理的に考えてばかりでは絶対に成り立たないというのはよく理解できた。

小さいときに「ダメなものはダメ!」という風に教育を受けた。

今となってはそれは本当によかったと思う。

なぜか?

その理由は「国家の品格」に書いているので省略したい。


その昔、自分が不利になると屁理屈を言って逃げていた。

論理的には自分が正しい。

しかし、どう考えても自分が間違っている。

この矛盾はどうすれば解決されるのだろうか。

たぶん解決されない。

論理の出発点が違うからね。

論理の出発点を決めるのはその人である。

よって、人それぞれ出発点が違ってしまう。

一番大事な論理の出発点を決めるのは何ぞや?

それは「情緒」であるという。

うん、納得。

今の世界を救うのは何ぞや?

それは「日本人の武士道精神」であるという。

うん、どうでしょ~?笑

言ってることはわかるけど・・・笑

まぁ読んで損をする本ではないと思います。

ただ、作者の歴史認識についてはあまり共感できない。

あまりにも日本寄りというか、まぁ作者は日本人なんで当たり前と言えば当たり前なんですけど笑

そうそう、たぶん世界中にある歴史問題も一生解決せんやろうな~とも思った。

前から思ってましたが、この本を読んでさらにそう思うようになった。



昨日から急激に寒くなりましたね。

風邪をひかないように気をつけましょう。

ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。